DevOpsとは、ソフトウェア開発者とITシステム運用者間のコミュニケーション、共同作業、そして統合を重視した一連の技術およびその実践方法です。

DevOpsは、支柱となる3つの技術を取り入れています

Federation, Collaboration and Automation
  • 必要条件から本番環境に至る、ライフサイクルを見渡した監視ツールの統合。
  • 開発部門、運用部署およびビジネス関係者間の協力体制。
  • 自動化により、アプリケーションの本番環境移行への最終段階を加速。

CollabNet DevOpsアプローチは、業界をリードする、フェデレーテッド・アプリケーション・ライフサイクル・マネジメント(ライフサイクルを通したアプリケーション統合管理)ソリューションである、TeamForgeを中心に構築されています。 TeamForgeは、ライフサイクルを通して監視ツールを統合するインフラストラクチャ、及び企業間のコラボレーションを促進する統合フレームワークを提供しています。継続的デリバリや継続的デプロイ等、最終行程の自動化は、AutomicOpsCodeのパートナーシップの強みを活かして実現したものです。

主なメリット

  • 製品化までの時間を短縮 – アプリケーションのデプロイ、プロモーション、そして使用環境保存を自動化することで、アプリケーションをより早く届け、運用開始時における障害を回避します。
  • 顧客満足度の向上 – エンドユーザーからのフィードバックを素早く生かし、より高品質で、的を絞ったアプリケーションを実現します。
  • ダウンタイムの短縮 – 本番環境では、アプリケーション変更をリスクの少ない小規模にとどめること、及び可視性を上げて問題解決を迅速にすることによって、ダウンタイムの短縮を実現しました。
  • コスト削減 – 自動化によって、チーム全体として、貴重なリソースをより重要なタスクに再充当することができます。

  • コンプライアンスとガバナンス – あらゆる継続的デリバリと継続的デプロイ業務について、端々までに及ぶ追跡調査、及びその報告作業を自動化しました。

TeamForge Deploy with Automicの詳細を知りたい方はこちら »




お問い合わせ

Contact Us

ケーススタディ

Case Study
ドイツポスト – DHL
DevOpsを活用して企業俊敏性を実現

電子書籍

ebook
DevOps for a New Millennium
新時代のDevOpsへ

TeamForge Deploy with Automic Automic

アプリケーション・リリース・オートメーション (ARA) とは、アプリケーションやアップデートを、開発から本番環境まで、パッケージおよびデプロイするプロセスを指します。ARAは、DevOpsフレームワークの重要な一旦を担っており、大企業に必要な、セキュリティ、規模拡張機能、及びコンプライアンスを維持しつつ、継続的デリバリを可能にしています。

Application Release Automation

TeamForge Deploy with Automicは、業界随一の独立系IT自動化ベンダーである Automicから生まれたARAソリューションです。TeamForge Deploy は、リリース版のパッケージング、リリースのプランニング、管理運営、そして自動化デプロイとモニタリングに至るまでの、全デプロイプロセスを扱います。TeamForgeとTeamForge Deploy の組み合わせにより、企業はソフトウェアデリバリを加速させ、コスト削減を達成することができます。

Application Release AutomationApplication Release Automation

TeamForge Deployは、以下のような、企業に必要なARA能力を備えています:

  • パッケージング: リリースやアップデートの際にデプロイされるべき構成アイテムを確認。
  • 依存性マッピング: アプリケーション・コンポーネント間の依存性を確認。
  • ソフトウェアデプロイメント: 運用環境とアプリケーション・コンポーネントのインストール (またはロールバック)を構成。
  • プロモーション: テスト済パッケージを、より重要度の高い環境へデリバリ。
  • コンプライアンス: 企業コンプライアンスの要請に対し、使用するデータを自動収集・報告。

TeamForge with OpsCode Chefの詳細を知りたい方はこちら »




お問い合わせ

Contact Us

電子書籍

ebook
新時代のDevOpsへ

ウェビナー

webinar
企業規模でのDevOps:
TeamForge Deploy with Automic

CollabNet TeamForge with
OpsCode Chef OpsCode

CollabNet TeamForge with OpsCode Chef

CollabNetとOpsCodeのパートナーシップにより、企業に対し、確認済の全ての変更が自動的に本番環境に移行されるという、継続的デリバリへの道筋を提供します。OpsCode Chef は、サーバーやアプリケーションに関する構成、デプロイ、及び規模拡張を自動化します。OpsCode Chef上では、開発者がITインフラやアプリケーションデリバリを、コードとして形成することができます。これによってChefは、サーバーを迅速に配備・デプロイすることができる、能力と柔軟性を確保しているのです。

TeamForgeとChefが組み合わさった事で、開発チームは、ユーザー要望からデプロイメントに至るまでの端々にわたって、継続的デリバリのパイプラインを迅速に提供することができます。全ての作業を追跡することで、クロス・ファンクショナルなトレーサビリティ(追跡調査能力)が可能になり、これらの迅速なリリースプロセスを、スケールメリットがある、企業ALMの優位性と、直接統合することができます。TeamForgeRecipes and Cookbooks for Chef では、ソフトウェアリリース・パイプラインの構築と管理を簡略化できる、再利用可能な構成とポリシー規則を紹介します。

CollabNetとOpscodeのコラボレーション、そしてChefによる専門知識により、オープンアプローチの弱点を補完して、企業のIT組織が最高のツールを使用できるようにします。OpsCode Chefと共に、CollabNetは引き続きそのTeamForge ALMプラットフォームにおけるDevOpsの機能拡張に努めます。最近では、クロスファンクション統合およびトレーサビリティ向けTeamForge Orchestrateを発売し、またITプロセスの自動化を行う Automic とパートナーシップを結びました。


DevOpsフレームワークについて、詳細を知りたい方はこちら »




お問い合わせ

Contact Us

電子書籍

ebook
継続的インテグレーションにおける
フィードバックの役割、連続配信

ウェビナー

webinar
フェデレイテッドALMとDevOps -
TeamForge7

DevOpsフレームワークに関するリソース

There are no results matching your search.

CollabNet DevOpsフレームワークの全貌を知る    お問い合わせ